ORACLE 求人

今までエンジニアとしていまの職場で仕事してきて、満足していますか?

給料は問題ないですか?勤務時間は長くないですか?プライベートの時間も確保できていますか?休日はありますか?職場環境は悪くないですか?

エンジニア系の仕事をされているかたに話をきくと、こういった不満がよく聞こえてきます。

では、転職すればいいのかという声が聞こえてきそうですが、転職のみを考えずに一つ検討してほしいことがあります。

【働き方が多様化している】

今の日本は、今までほど一つの会社に定年まで勤め上げるという慣例は少なくなってきています。

また雇用形態としても正社員のみでなく、契約社員であったり、最近ではフリーランスとして働くということがあります。

では、そのフリーランスとしての働き方とはいったいどのような働き方なのでしょうか?

【会社に属さない個人事業主】

フリーランスとは、会社に所属すること無く案件をもらって仕事をする個人事業主のことを指します。

会社に所属していないので、勤務時間などは自由に設定することが出来ます。

また、案件などもエンジニア系だとたくさんあります。検索方法としても「ORACLE 求人」などご自身のお持ちのスキルから調べてもらうと様々な単価な案件が出てきます。

より多様化した働き方がある現在、色々検討されてみてくださいね。

フリーランス se

会社に所属しているseとフリーランスとseではどちらが年収が多いのでしょうか。
勿論、各個人のスキルやこなした案件などにもより一概には言えませんが、フリーランスのseのほうが会社に所属している方に比べて年収は多くなります。
しかし、忘れてはいけないのは会社では健康保険や年金などの福利厚生やボーナスなどの厚い手当がありますが、フリーランスではそれが無いという事です。
全てそれらのお金や税金などは自分で支払う必要がありますので、当然の事ながら出費はサラリーマンに比べて多くなってしまいますよね。

つまり得る事が出来るお金が多い分、出て行くお金も多いという事ですね。
具体的な数字は控えますが一般的にフリーランスのseはサラリーマンのseに比べて2倍〜3倍の報酬を手にする事が出来ます。
ですがそれは、あくまで一旦手元に入ってくるお金を比較しただけであって、出て行くお金は含まれていません。

なので出費なども含めて総合的に判断すると、フリーランスseの方がサラリーマンseよりも約3割り増しの年収を手にする事が出来ると考えて下さい。
例えば800万円の年収だった方はフリーランスになると約1,040万円くらいの収入になる計算です。
あくまで目安で個人差はありますが、独立直後は大体この位の数字が多い様です。
フリーランスは努力すれば自分の力でどんどん年収をアップさせて行く事が出来ますよ。

お仕事内容はこちらから検索できます。

IT エンジニア

・ITエンジニアの種類と業務内容

<システムエンジニア(SE)>
顧客のニーズに合わせた最適な情報システムの設計を行い、
プログラマーなどを指揮して実際に使用できる状態に仕上げることがSEの仕事で、
エンジニアのプロぢゅ-サー的立場です。

<プログラマー>
SEが作成した仕様書に基づいて実際に動作できるプログラムを作ったり、
テストや修正などを行いより良いものへと細かな調整も行います。

<データベースエンジニア>
企業のもつデータベースに特化していて、システムの設計・構築・運用管理を行います。
ネットワークとデータベースを連携させたシステムの導入が多い現在では重要な仕事といえます。

<ネットワークエンジニア>
ネットワークについての設計・構築・維持管理を行います。
新しいネットワークサービスが増えているので、ネットワークエンジニアの活動も拡大しています。

<セールスエンジニア>
IT関連商品や情報システムを販売します。
クライアントの要望をしっかりと理解した上で的確なシステム提案活動をします。

ITエンジニアの職種を探しているのであれば、
上記のように細かな種類が分かれているということをしっかりと理解した上で
求人を探すのが早いでしょう。

○ITエンジニアの求人例○
自社ポータルサイトの企画・運営
大手通信会社グループ企業にて顧客向けシステムエンジニアを募集しています。
主にWEBアプリケーション構築に関わる各種マネジメント作業

<必要スキル・経験>
Linux,Apache,MySQL,PHPなどを用いたWebアプリケーション開発に関する知識と経験
チームリーダー以上の立場でのWebアプリケーションの開発経験
コミュニケーション能力と総率力など

<就業時間>
フレックスタイム制導入(コアタイム10時~15時)標準1日7時間
時間外勤務40時間程度

<年俸>
450万~690万円
固定賞与年2回、個人査定賞与年2回

エンジニアの仕事

専門知識と高いスキルを持つエンジニアは転職が多い職種でもあります。
エンジニアの仕事は非常に多忙だと言われています。

今やほとんどの企業でITの導入が進んでおり、多くのシステム開発などの仕事があり、
エンジニアはその役割からも非常に多忙な仕事であると言われています。

急を要する依頼や緊急のトラブルの対処など労働時間は
長きに渡る事が多く拘束時間は非常に長いと言えます。

給料などの待遇面では決して悪くは無いのですが、
このような労働環境の改善を求めて転職するケースも少なくありません。

◎組込み系システムの仕事◎
プログラミングをはじめ、デジタル回路、システム開発などの組み込みシステムに関する技術は必須です。
社会人としての一般常識や、多くの人と円滑に製品を作りをすすめるためのコミュニケーション能力も必要。
組込みシステムのことばかりでなく、業界の基本的知識も必要です。より良い製品開発をするためには、常に前向きに取り組む姿勢が大切です。

アプリケーションエンジニアになるには

アプリケーションエンジニアになるにはまずは
システムエンジニアやプログラマーとして実務経験を積み資格取得を目指します。

国家資格であるが故に企業からの信頼も厚く、
転職においても大きな武器となります。

エンジニア業界は求人の数は多いと言えますが転職希望者も多く
競争率は激しいとも言えます。

このような状況ではアプリケーションエンジニアのとしての
スキルや経験は大きなアピールポイントとなります。

このようなスキルを活かして働く為には多くの求人を見て
自分に合った求人を見つける事が重要です。
転職をする際にはエンジニア専門の求人サイト、A-STARの理由が便利です。
職種別やポジション別に検索出来るのでおすすめです。

〔プログラミング〕
JavaやC言語など、その仕事に応じた専門のプルごラム言語をしっかり取得し、
かつ使いこなせることが必要です。
緻密なプログラムを組み上げていくには、集中力や冷静な判断、そして柔軟な
発想力が必要になります。
仕様に沿ったプログラムをつくり出せるよう、常に新しい技術、知識を取り入れ
自らスキルを向上させる努力が大事です。

アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニアはシステム開発プロジェクトの責任者として大きな役割を担いますユーザーのニーズを分析しシステム開発の基本部分を設計する事から始め、プログラム開発者を統括しプグラム実行テストやシステム移行を行う事がアプリケーションマネージャーの仕事です。

このように高度なスキルを求められるアプリケーションマネージャーは、国家資格であるアプリケーションシステムエンジニア資格取得である事が必要となっています。

〔WEBの世界で働く〕
WEB構築に必要なプログラミングやコンテンツ制作のためのアプリケーション操作
などのスキルが必要です。見た目や使い勝手のよさを考えてレイアウトできるデザインセンスも大切。IT技術と共に、マーケティングなどのビジネススキルもかかせません。
WEBの進化はとても早いので自らのスキル向上に励むことが大切です。

エンジニア 転職する理由

エンジニアとして働く上で自分のやりたい事、
活躍できる職場を求めて転職するケースも多いです。

エンジニアに限らず企業に入ると自分の気持ちとは裏腹に
やりたかった仕事では無い仕事を行わなければならない事は多いです。

ですがエンジニアのような技術者は特別なスキルを持っており、
そのスキルを発揮できないのは大きな理由となり転職を考えるケースが多いようです。

自分のスキルを発揮できずにいる場合評価に関しても思うように上がらず
それは給料などの条件面でも現れて来ます。

それらを必要としている企業への転職をすることで、
今まで発揮できなかったスキルを活かしそれがやりがいや
給料面などにも繋がって来ると言えます。

≪インターネット業界≫
インターネットを自在に操れるよう、パソコンの基本的操作、知識をはじめ
仕事にあった専門技術を身に付けられます。
パソコンの基本的操作方法はもちろん、ハードやいろいろなソフトを使いこなせることが必要です。
パソコンの知識・技術以外にも、さまざまな業務に通じつ広く一般的なビジネススキルも必要です。